読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このネット情報は効果があるのかどうか?

ネット商材情報を発信中!そのネット情報は効果があるのかどうか?…その効果の程は…?

「7日間シングルプログラム」プロによる驚愕のゴルフレッスン!

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによる驚愕のゴルフレッスン! スコア100を切るための7つのステップとは?左右片手打ち練習法とは?「結果重視の左サイド」を自然に作り出すフェードバック法とは? 力の限りフルスイングしても問題ないマキシング法とは?意識しなくても体重移動が出来てしまうムーブスの法則とは? プロの観点からまとめ上げた、スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開!

 ↓

7日間シングルプログラム

 

 

 

 

実践者の声

 ↓

ゴルフを始めて24年が経ちましたがスコアー95から110を行ったり来たりで90の壁をこえたスコアーを出すのが夢でした。昨年12月から毎週練習場に行き始めましたが打ち方もわからず成果は上がりませんでしたが、このプログラムを見つけ、成果が上がらなくて元々と思い購入しました。見始めたときゴルフの基本がわかりやすくびっくりし練習を続けてきました。なんと88のスコアーが簡単に出てしまいました。プログラムのおかげです。

>>> 詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

・レッスンに通う  ・スイングの連続写真を見て研究  ・雑誌の特集  ・DVDで研究  ・新ドライバーに買い替える このような方法を試したとしても、それで上達したでしょうか? 答えは「NO」だと思います。 もちろん、これらの方法全てが悪いと言っているわけではありません。 ですが多くのゴルファーは毎日練習できるわけではありませんし、時間も限られています。 さらに天然芝を使えるのはゴルフ場に行った時だけ。 人工芝と天然芝の違いに戸惑い、スコアは伸びず、 いつまで経ってもスコア100をいったりきたりしてはいませんか? ラウンドごとにスコアが安定しないので 「なんで今回はうまくいったのか」 「なんで今回はうまくいかなかったのか」 その理由がわからなくなってしまいますよね。 そしていつしか、「何をやっていいのかわからない…」と、「挫折」の道をたどる方がほとんどなのです。 「では、どうすればいいの・・・?」「なぜここまで支持され、 短期間で多くの方が結果にはっきり表れるほど上達できたのか・・・」 実は、アマチュアがスイングを作っていくうえで 重要な事はたった1つしかありません。 その1つを実践すれば自然と良くなるものです。 情報の発達したいまでも、この事実に気が付いている人は極稀でしょう。 なぜなら、私は他のプロと違い、18歳からゴルフをはじめ、 あなたと同じ練習場で育った変わり種のプロだからです。 「アマチュアゴルファーが最短でゴルフを上達するには何をするべきか?」 その答えを私は知っています。 その秘密は、ほんとうに、ごく簡単なことでした。 詳しくお話ししていきましょう。 もう、難しい理論に振り回され、練習場で無駄にボールを打つ必要もありません。 高価なドライバーも必要ありません。 異なるレッスン内容に頭を悩まされる必要もありません。 短期間でスイングを改善してスコアアップを実現させる為の方法があることを伝えました。 では、「なぜ、あなたが思うように上達できないのか?」 ということについてもお話しておきます。 実は、巷に溢れる方法には、 なかなか上達できない理由があります。その理由とは・・・

>>> 詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

あなたが上達するために必要なことは何なのか? それは理論でも練習量でもありません。 狙い通りの球が打てるかどうかは、99%ある部分が占めているといっても過言ではない、ということです。 今からその答えを公開しようと思います。グリップは・・・人それぞれです。 こうでなくてはいけない!というものは存在しませんよね。 アドレスも、その人の体型やクセで全く違ってきます。 こうやって順番にスイングを追って見ていくとある一点だけ、 優れたプレイヤーに共通する部分が見えてくるはずです。 ・・・・・・ そうです。 それは、インパクトです。 ボールをどこに、どのように飛ばしたいのか。 それによって、フェースにボールをどう当てたらよいか、 この部分だけは優れたプレイヤー全てに唯一共通することなのです。 つまり、この「理想的なインパクト」はどんなに個性的なスイングであれ、 変則的なアドレスやグリップであれ、 最終的に優れたプレイヤーは理想のインパクトを向かえるということです。 しかし、「インパクト」を点で考えるとゴルフは難しくなります。 そこで、点でなく、線(ゾーン)で考えることが大事になってきます。 インパクト前後のゾーンを極めることが、ショットの精度につながるということです。 そしてこのことは別名*『ビジネスゾーン』とも呼びます。 *このゾーンさえ安定すれば、ゴルフで食べていけることからプロの間で使われ始めた言葉 多くのゴルフ教材は、まずグリップの紹介、そしてアドレスの取り方・・・という順番で説明していると思います。

>>> 詳細はこちらをクリック